家族のための、家

家は、家族というつながりを保つことの出来る、唯一の空間であると言えます。いえ、家にいなければ家族ではないという意味では無く、もし家という空間が無ければ、家族の関係は円滑ではないかもしれません。それは、『どんな家に住んでいるか』という点が重要である、という意味です。

家族にとって、それが『帰ってきたい場所』であるかどうか、そして、未来へ受け継いで行くことのできる家かどうか、それは設計段階でほとんど決まってくる、といえます。もちろん、その建てた家をどのように維持していくかという点も大切です。しかし、私達が考えている以上に、どんな空間で長い時間を過ごすかというのは、本当に重要なことです。

その空間が快適であればあるほど、ストレスに対する耐性も強くなり、家が本当にリラックス出来る場所として機能します。単なる住居ではなく、どこに行かなくても、そこにいるだけで心が落ち着くような、そんな空間であり続けるために、注文住宅という方法を最大限活用していきたいものです。そこは、家族のための家です。誰もが長い時間を一緒に過ごす空間です。だからこそ、妥協せずに空間作りをするために、綿密に計画を練って実行しましょう。

どのような依頼をするか

さて、家を建てるに当たって、最初に行われることと言うのは、なんとなく全体図を決めて図面を書いていくことのように思えるかもしれません。しかし実際は、もっと最初の段階、いわゆるデザイン、それもコンセプトの部分から確立していくことが最も最初に必要となることです。それらが決まっていないとそもそも図面を完成させることは出来ないからです。注文住宅の、まさに「注文」の段階と言えるでしょう。

さて、簡単な間取り図が作成されるのは、この次の段階です。注文を受けた会社は、それに基づいてどのような間取りにするか、などの点を考慮した、あくまで「下書き」と言え間取図を用意してくれるかもしれません。

個々である程度予想がつき始めるのは、『予算』に関することです。いわば、自分たちの希望を実現させるためには、どのくらいの資金が必要となるのか、という点です。自分たちで事前に決めた予算から、どのくらいの差異があるか、どういった点を調整すれば、本来の予算内に収まることができるか、また余裕があれば、どういった点を発展させることができるか、という点などを、事細かに相談することによって、より良い家を作るための土台作りとして、機能させていきます。

どこに依頼するか

そもそも、家を建てる時どこの業者に依頼することが一番望ましいのか、という点は難しい問題です。家づくりは単純にどのような家に住みたいかと言う希望から、細かくどのような間取りにしてほしいか、という点などが関係します。

自分たちの希望が最大限叶えてくれるようなところを選びたいものですが、やはり私達が選ぶ基準となるのはその会社の実績であったり、費用であったりします。同様の見積もりをしても会社によって異なることもありますが、より自由な住宅建設を考えている場合、セミナー等を開催していることがありますので、そういったイベントに参加してみるのも良いかもしれません。

ある方は、そこまで予算は掛けるつもりは無いけれど、シンプルな住宅を作りたい、と考えているかもしれません。またある方は、予算を多く掛けてでも、自分たちの望むような家を建てたい、そういった家に住みたい、今後家族が増えていくことを考えても余裕のある家を建てたい、と思っていることでしょう。

家は10年単位では無く、もっと長い間付き合っていくものとなりますから、どこまでは妥協できるのか、どこまでは妥協できないのか、という点などをはっきりさせておくと良いでしょう。

注文住宅でオリジナルを

オリジナルというのは何故オリジナルが良いのかというと、そのオリジナルの元となるデザインや仕組みを考えた人の希望や意思が残されているのかという点は、やはりオリジナルの者を構成する上では重要なことと言えます。勿論そうで無くともオリジナルという点は変えられないことが多いですがやはりオリジナルはそういう点においてオリジナルであると言えます。

さて、いわゆる私達の住まいは、それこそ私達の「色」…オリジナル性を表すものの一つといえるかもしれません。どのような場所に住むか、どんなところに住むかと言う問題は重要でまさにそれにはオリジナル性が発揮されることがあります。いわゆる、本当に自分たちだけの住処、家を手に入れることが出来るという点です。家は建てるときにどのような構造にしてほしい、などの意見がとても重要な点と言えます。それはまさにどのような家を建てるか、どのような家に住みたいか、と言う、オリジナル性を前面に出すものとなるからです。

まさに自分たちのオリジナル性を発揮するために、利用出来るのが『注文住宅』です。いわゆるリフォームするという言葉がありますが、そういったリフォームとは根本的に異なったオリジナル性を追求することのできる注文住宅、それを利用する時はどのような計画を立てれば良いか、どのような点で気を付けることがあるか、などの点を考えてみたいと思います。これから注文住宅を考えておられる方にもぜひ見ていただきたく思います。